失敗例から学ぶ、女性と「心を結ぶ会話」

女性の心に入り込むということ ?失敗例-

こんな会話の失敗を
した経験はないですか?

 

 

今回は「心に結びつく会話」の失敗例を見てみましょう。
失敗例にも、学ぶことは隠れています。

 

 

彼女の作り方を勉強中の男性で、
こんな失敗をしていませんか?

 

 

今回紹介するのは、M君の例。
M君も合コンで出会った女性に、
「心に結びつく会話」を試みたのですが・・・。

会話が弾まないなら、失敗を犯しているかもしれません。

例を参考に、自分の会話を振り返ってみましょう。

「心に結びつく会話」の失敗例 -M君の場合-

M君「仕事は何をしているの?

 

女性「介護施設の相談員をしているよ。」

 

M君「そうなんだ、大変な仕事だよね。」

 

女性「そうなの。」

 

 

 

M君「仕事は好き?どんなところにやりがいを感じているの?」

 

女性「え〜・・・利用者の笑顔?

 

M君「笑顔をやりがいにしているなんて凄いじゃないか。」

 

女性「そうかな?でも、特別この仕事が好き!ってわけじゃないよ。」

 

 

 

M君「いや、でも凄いよ。
   誰かの笑顔がやりがいなんて立派じゃないか。」

 

女性「そう言ってくれると嬉しいけど・・・。
別にやりたくてやってるわけじゃないから。

 

M君「そっか・・・。」

 

女性「うん・・・。」

イマイチ盛り上がらない会話の問題点には、

女性がこの話題に情熱を持てていないという原因があります。

「心に結びつかなかった」理由

仕事について話題に出しましたが、

熱意がある様子ではありません。
「凄い」という言葉で賞賛を試みましたが、
謙遜や照れというわけでもなく、反応を示しません

 

 

それでも褒め続けましたが、
良い反応が得られず、会話が気まずくなってしまいました。

 

 

ここで、頭に入れておいて欲しいのが、
仕事に熱意を感じている女性ばかりではない
「ただ賞賛すれば良いというわけではない」
ということです。

 

 

熱意を感じていないのを褒められても、
女性は嬉しくはありません!

 

 

話題をふったものの、
それに対して熱意を感じない様子なら、
早めに会話の転換をしたほうが賢明です。

女性が熱中していない事は、褒めてもムダです。

すぐに話題を変えて、明るい会話を目指しましょう。

ネガティブな反応には話題の転換を試みること

また、こういうネガティブな会話の入り方で、

男性が陥りやすい会話の傾向は、
愚痴や悩みを聞いて共感するパターンです。

 

 

ネガティブな話しをしてしまうと、
あなたとの会話自体にも、
ネガティブな印象を残す可能性があるからです。

 

 

明るい、楽しい話題で会話した方が、
あなたとの会話が「楽しかった」という印象が残せます。
その後、連絡先を聞いたり、次に会う約束をしたり、
という方向にも持って行きやすくなります。

 

 

ネガティブな言葉が出た際は、
「強引に賞賛したり、愚痴を聞くのではなく、
明るい、楽しい話題に転換を試みる。」

 

 

心に結びつく会話、彼女を作る方法の鉄則だと、
覚えておいて下さい。

 

 

次のページでは、
もう一度心に結びつく会話というのをまとめていきます。
これをマスターすれば、もう会話で悩むことはありません!

 

 

>>心に結びつく会話をする最も大切なポイントに進む

 

>>彼女作り方トップページに戻る

「女性の心に結びつく会話」の失敗例 ?M君の場合-関連ページ

「女性の心に結びつく会話」をするために 作法編
「心が結びつく会話」をするためには、女性は心を開示し、あなたはその心に立ち入る必要があります。成功すれば女性との関係は大きく前進しますが、失敗すれば女性との信頼関係が崩れてしまいます。失敗しないために心得ておく作法、解説しました。
「女性の心に結びつく会話」の成功例 -T君の場合-
女性と「心を結ぶ会話」をするためには、いくつかのポイントがあります。成功例から、具体的にどのようにしていけばいいのか学びましょう。彼女を作る方法を学んでいるT君が、上手に女性の心に入り込んだ例です。
女性と「心を結ぶ会話術」習得のためのまとめ
女性と心を結ぶ、親密になるための会話をするためには、やはり色々な女性を会話をし経験値を身につける必要があります。女性と会話をする機会を得られたら、「心に結びつく会話」を実践して下さい。いざという時、必ず役に立つことでしょう。

TOP ステップ@見た目を変えよう ステップA出会いを作ろう ステップBデートで告白しよう 問い合わせ・無料相談